家賃保証会社を比較して選ぶのが最優先|信頼が大切

セーブマネーボックス

留守宅を賃貸住宅に

部屋

転勤と住宅の問題

住宅を購入した人は、会社から転勤を命じられても、応じることができない場合があります。せっかく購入した住宅を手放したり、留守宅として長く放置したりすることになるからです。放置すると住宅は傷みやすくなりますし、住宅ローンを利用して購入した場合は、しばらく住むことができなくなるにも関わらず返済を続けなければなりません。こういったデメリットから転勤を断る社員も多いので、そのため昨今ではリロケーションサービスを利用する会社が増えてきています。リロケーションとは、留守宅を賃貸住宅として利用することです。借り手に利用してもらえば、放置することにはならないので劣化を防止できますし、賃料で住宅ローンの返済を相殺することも可能となるのです。

安心できるシステム

リロケーションサービスを利用すれば、会社側が住宅の問題で転勤を断られる可能性は低くなります。また、リロケーションサービスの提供会社は、当然留守宅の借り手を募集しています。つまり、別の地域から社員が転勤してくることになった場合、その社員が住まう場所として、留守宅を紹介してもらうことができるわけです。この点からも、リロケーションサービスは会社の人事に役立つということで注目されています。もちろん、借り手が留守宅を利用できる期間は限られています。本来の所有者が戻ってくる時期には、明け渡すという決まりになっているので、居住権をめぐるトラブルは発生しません。期間内に明け渡しを要求されることもないので、借り手にとっても安心できると言えます。