家賃保証会社を比較して選ぶのが最優先|信頼が大切

セーブマネーボックス

空き家対策の新トレンド

集合住宅

民泊で不動産活用

最近、アパートやマンションオーナーの間で「民泊を始めてみたい」という人が増えてきています。民泊とは一般の民家など、ホテル等の宿泊専用施設以外の施設に旅行者を泊めることをいいます。以前からホームステイなどの形で行われてはいましたが、民泊施設を網羅的に紹介するairbnbというウェブサービスが普及するようになってから一気に注目度が高まりました。民泊がオーナーたちの間で話題になっているのは、これが空き家対策につながるからです。たとえば通勤や通学の便があまり良くない物件でも、観光目的の旅行者が利用する分には大きな問題となりません。もちろん入居審査や連帯保証人の選定といった煩雑な手続きも必要ありません。新しいタイプの不動産活用法として人気を呼んでいるのです。

運営は専門業者に委託

民泊をビジネスとして始めるとなった場合、実際の運営はどのように行うのかという問題が生じます。airbnbは施設の紹介のみを行うサイトで、利用に関する手続きはすべて当事者間で行います。しかし、この点も心配は要りません。運営代行業者を利用すれば、すべての業務を任せることが可能です。賃貸経営に管理代行業者が存在するように、民泊にも運営代行業者が存在します。airbnbへの登録代行に始まり、利用予約の受付、チェックイン・チェックアウト業務、施設のメンテナンス、料金の精算など、すべての業務を委託することができます。airbnbは2008年に北米で始まったサービスで、現在は世界100か国以上に展開しています。そのため外国人の利用者が多いのですが、代行業者の中には英語でのサービスを提供できるところも少なくありません。