家賃保証会社を比較して選ぶのが最優先|信頼が大切

男性

不動産会社への相談を活用

ウーマン

家賃相場について知りたいときに地元に密着している不動産会社がよく利用されます。顧客として情報を求める場合もありますが、賃貸経営をしていることを明かして相談しても情報を開示してくれるだけでなく、親身になって相談に応じてくれることもあるのです。

サービス内容は確認しよう

電卓と硬貨

滞納時も問題なく

家賃保証会社を比較する場合は、これまでの実績を重視することも大切です。家賃保証会社は連帯保証人の代わりとなる大事な役割を果たす会社ですので、信頼度が高いことが大事なのです。家賃保証会社の比較はインターネットでも行うことができ、手軽に家賃保証サービスに加入することができます。不動産オーナーは家賃保証会社を比較して選ぶことができますので、自分の物件に家賃保証を導入したい場合にはプラン内容を比較しておきましょう。長年家賃保証会社として営業している会社は信頼度も高くなります。トラブルが起きにくい会社を選んでおけば、万が一家賃滞納トラブルが起こっても安心して後の処理を家賃保証会社に任せることができます。

サービス内容は確認しよう

家賃保証は不動産オーナーにとって欠かせないものとなっており、できるだけ入居者とのトラブルを避けるためにも必要な制度です。家賃保証会社は保証料を入居者から徴収し、トラブルの際には一旦家賃を立て替えてくれます。もちろん後日家賃の取り立ても行ってくれるので、不動産オーナーは家賃滞納による不利益を被ることがありません。ただし滞納時に必ず報告することがポイントになりますので、家賃の入金状況はチェックしておくことが大切です。家賃保証会社は多くの会社の中から選ぶことができるため、オーナーや入居者に有利なサービスを展開している会社を選ぶことがポイントです。保証料などもある程度安ければ、入居者も家賃保証会社を利用しやすくなります。

空き家対策の新トレンド

集合住宅

近年、賃貸住宅の新たな活用法として、民泊ビジネスへの参入が注目を集めています。airbnbというウェブサービスの普及をきっかけとして一気に広まった民泊ですが、専門の代行業者を活用すればノウハウがなくても運営が可能です。

留守宅を賃貸住宅に

部屋

住宅の購入により、転勤命令に応じることが困難になる社員は多くいます。そのような社員のために、留守宅を賃貸住宅にするリロケーションサービスを利用する会社は増加しています。転勤してきた社員に、留守宅を紹介してもらうことも可能です。居住権についてのトラブルも発生しないので、安心して利用できると言えます。